最近の高級注文住宅について

最近の高級注文住宅について

高級注文住宅の定義のようなものはないようです。

都市部・郊外ともに建設されているので、土地の価格に大きな差がありますが、建物だけで3千万~1億円を超えるものが高級と言えそうです。

超高級注文住宅と呼ばれる住宅もあり、3億円を超えるものだそうです。

高級注文住宅の場合、内装やインテリアにこだわるのはもちろん、外観のデザインに重点をおいてこだわる方が多いようです。

私も街を歩いていて、住宅街の中でもひと際目を引く物件を見かけることがあります。

有名な建築家や人気の高い建築家にお願いすることもあり、デザイン料・設計料だけで数千万円かかることも珍しくありません。

超高級注文住宅ともなれば、デザイン料が数千万から億にまでなるそうです。

施工する会社は、大手メーカーが増えてきています。

アフターサービスの充実も一つの理由かもしれません。

施工会社によって特許技術で差別化をはかっている時代なので、今までの施工例などを参考にしてみても良いと思います。

最近では、海外からの設計依頼を受ける会社も増えてきているようです。

高級注文住宅は、標準仕様の内装や外装を決められて建築するのと違い、グレードの違いを一つ一つ相談することができ、こだわった住宅を建築することができます。

デザイン料や設計料を多く設定していることもあり、気兼ねなく時間をかけて相談することができます。

人気デザイナーの方にお願いする場合は、順番待ちもあるようで、打ち合わせから完成まで数年かける人もいるようです。

打ち合わせが細かくできることで、住み始めたときに「こんな風にしておけば良かった」などの失敗も少なく、トラブルも少なくなります。

木造住宅の場合、高級な国産の木材をしっかりと乾燥させて使用することが多く、シックハウス症候群の対策と耐久性に優れた住宅にすることができます。

デザインだけでなく、これから長く住むことを考えた家づくりを重点に考えることができます。

郊外に別荘を建てるケースも多く、高級注文住宅は高級住宅地に限られたわけではありません。

高級注文住宅についてオススメのサイトがこちらになります。

高級注文住宅を検討中の方はここを参考に